« 転籍同意書? | トップページ | 北朝鮮のミサイルの破壊命令 »

家庭用ゲーム機の使用が600万人減る?

コンピュータエンターテインメント協会が、国内消費者のゲーム
利用動向 などに関する調査を行いました。

その結果、家庭用ゲームに接している人を計算したところ
2007年より、600万人程度へっているそうです。

ゲームをしなくなった利用では
「ゲームに対して興味・関心がない」(45.4%)と
「他にやりたいことや欲しい物がある」  (45.2%)が
半数近くに上りました。

携帯ゲーム機が普及したのも影響しているそうです。
オンラインゲームもありますね。

いろいろ多様化しているのですね。

時代は、どんどん進んでいます。
新しいテクノロジーや機器もできています。

昔の、ゲーム機のアンケートをとるのは意味がなくなって
いるのも知れないですね。

|

« 転籍同意書? | トップページ | 北朝鮮のミサイルの破壊命令 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事