« 大阪府の移転問題 | トップページ | 中国の金融戦略? »

最近の中国の日本に対する見方

最近、中国のいろいろなメディアが日本に
対して、反日ではなくなってきていますね。

あまりにも、日本人が中国を嫌っているからでしょうか。

以前は、どんなに譲歩しても、いちゃもんばっかり
つけてきたのに最近は、いいことを記事にするように
なりました。

小泉さんの功績ですね。

日本人は、中国のやり方を本当に嫌ってしまったのですね。

それと、もう中国にだんだん魅力がなくなってきたのですね。

確かに、市場は少しは魅力がありますが、製造は
インドやベトナムなどアジアの他の国の方が安く
なっています。

今、日本には、中国からの製品は安い製品ばかっりです。
安い以外は魅力がありません。

それが、他の国になろうとしています。

最近では、インドに注目しています。
日本人って、動くまでは遅いけど動きだすと、国民が
一斉に動きます。

中国は、日本の国民性を見誤ったのかもしれません。

だから、中国政府は、中国の日本に対する見方を変えようと
していると思います。

でも、あれだけ反日教育をしてきたのだから中国国民の意識なんて
変わりませんよ。
20年はかかりますね。

そのころは、アフリカかもしれません。

|

« 大阪府の移転問題 | トップページ | 中国の金融戦略? »

ニュース」カテゴリの記事