« 民主党の無駄の洗い出しチーム | トップページ | 経済界は、斎藤氏起用に疑問? »

アメリカのイルカ漁の糾弾映画

和歌山県太地町のイルカ漁を糾弾した
米ドキュメンタリー映画「ザ・コーブ(入り江)」が、
東京国際映画祭で21日に上映されるそうです。

それに対して、同町や地元漁協が中止を申し入れています。
町側は映画は隠し撮りしただけでなく、内容に
事実誤認があるとして、上映は名誉棄損にあたると指摘しているようです。
主催者側は「表現の自由」だと予定通りに上映する姿勢です。

映画の内容には「漁協は害獣駆除のために漁を行う」
「水銀汚染を隠すためにイルカの肉を鯨肉として販売している」などと
事実ではない部分があるそうです。

町は、損害賠償も検討しているようです。

事実でないことを映画にしてはいけませんね。

やっぱり、法的手段に訴えるべきです。

マスコミもそうですが、マスコミって本当のことを作るべきです。

|

« 民主党の無駄の洗い出しチーム | トップページ | 経済界は、斎藤氏起用に疑問? »

ニュース」カテゴリの記事