« ディーゼルエンジンの発売計画 | トップページ | プルサーマル稼動へ »

崩落寸前の橋が121も

コンクリートの劣化や鋼材の腐食が想定外に進んで、
崩落寸前の状態に陥った道路橋が全国で121基あることが、
国土交通省の調査でわかりました。

橋の管理者である地方自治体は財政難や技術者不足が
深刻で、6割以上が補修計画も立てられない状況だと
いうことです。

こういう橋から予算をつけて修復してゆくべきですね。

ダムの建設をやめるのであれば、こういうところから
予算をとってやっていくべきですね。

そうすれば、地元の建設会社にお金がおちます。

雇用も確保できます。

早急にやるべきですね。


|

« ディーゼルエンジンの発売計画 | トップページ | プルサーマル稼動へ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事