« 自治体への義務づけ見直しは? | トップページ | 温暖化の影響のある国は? »

沖縄知事、辺野古への移設受入れ?

沖縄県の仲井真弘多知事が、朝日新聞の単独インタビューに
応じて、米軍普天間飛行場の同県名護市辺野古への
移設受け入れには、条件があるということです。

移設先の滑走路の位置を現計画より沖合にずらすことに加えて、
移設工事が完了するまでの間、普天間の基地機能を
他の基地に分散移転することが必要だということです。

結局、自民党が決めたことより厳しくなりました。

この条件をまた、外務省はアメリカと交渉する必要が
あります。

自民党をそのまま引き継いでいたら、滑走路を移動する
だけですんだのに、それまで普天間を他の基地に移すなんて
難しいでしょうね。

設備、人、働いている人などいろいろ関係してきます。
辺野古への移転と同じくらいの手間がかかると思います。

鳩山首相は、沖縄の人のためにといっていますから
頑張って欲しいと思いますが。

後、数年かかるでしょうね。
また、政権が変わるかも知れません。

そしたら、自民党は普天間の移設はやらないかも知れない
ですよ。
民主党と沖縄の人が自民党案を破棄したのだから。


|

« 自治体への義務づけ見直しは? | トップページ | 温暖化の影響のある国は? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事