« 完全失業率が少し改善? | トップページ | 徳之島で普天間移設反対集会 »

アメリカの失業率は?

米労働省が2月の失業率を5日発表しました。

前月と変わらず9.7%だったようです。

非農業部門の就業者数は前月より3万6千人減少し、
3カ月連続で前月を下回ったようです。

働いている人が減っているのに失業率が
あがらないのですね。

10%以上になるとアメリカも大変の
ようです。

元々、格差の大きい社会ですから。

貧しい人は、健康保険も年金もありませんから。
不法入国者が入ってどんどん増えています。

思ったように景気もよくなりません。
オバマ大統領の支持率も下がっています。

困りますね。

|

« 完全失業率が少し改善? | トップページ | 徳之島で普天間移設反対集会 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事