« 高速増殖炉もんじゅが運転再開 | トップページ | 普天間移設問題 »

IEのシェアが減少

アメリカのマイクロソフトのブラウザの
シェアが落ちているそうです。

MicrosoftのInternet Explorer(IE)ブラウザの市場シェアは

下降を続けており、 ついに60%を割り込んだそうです。

調査会社Net Applicationsによると、2010年4月の
IEの市場シェアは59.95%だったようです。
前月の60.65%を下回った。
ライバルのFirefox、Chrome、Safariはわずかにシェアを
伸ばしているようです。

以前は、IEの1人がちでしたが、どんどん落ちているのですね。

まだ、OSは売れています。
Windows7は人気があるようです。

というよりは、ビスタが人気がなかったのですね。

でも、OSやOFFICE以外の収益がないですので
これからどうするかですね。

|

« 高速増殖炉もんじゅが運転再開 | トップページ | 普天間移設問題 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事