« アイドリングストップ機能 | トップページ | 中国が軍事演習 »

教員の退職

公立の小中高校と特別支援学校で
中途退職する教員が全国で毎年1万2千人を
超えたそうです。

この5年間では6万7千人に及ぶことが、
全都道府県・指定市の教育委員会への
調査でわかったそうです。

退職理由は、不明のようです。
子どもや保護者らとの関係に悩んで
いるのではないかということです。

でも、適性のない先生は、辞めるべきです。

サラリーマンでも、適性のない人は
退職します。

今は、民間企業の方が大変です。
雇用のミスマッチです。

教員も、適性のミスマッチではないでしょうか。

教員は、志がないと駄目だと思いますよ。

それだけ重要な仕事です。

|

« アイドリングストップ機能 | トップページ | 中国が軍事演習 »

ニュース」カテゴリの記事