« 中国の輸出額 | トップページ | オバマ大統領の信頼 »

ビール飲料の売上げ

値段や味にこだわりを持つ
ビールが売れているようです。

国内大手5社が12日発表した
2010年上半期のビール系飲料の出荷量で、
安価な「第3のビール」が初めてシェア3割を超えました。

一方、通常のビールは伸び悩んでいるが、
価格が高めの「プレミアムビール」は堅調のようです。

「原料の吟味」などをうたって
高級感を打ち出したプレミアムビールが人気
のようです。
350ミリリットル缶で255円程度と
通常のビールよりも40円程度高めの商品です。

サントリーの「ザ・プレミアム・モルツ」は
前年同期比12%増のサッポロの「エビス」は
0.5%増だったようです。

完全に、2極化ですね。

安い、第3のビールかプレミアムビールに
なりそうですね。

消費者も多様化しているのでしょうか。

|

« 中国の輸出額 | トップページ | オバマ大統領の信頼 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事