« フィギュアスケートの全日本選手権 | トップページ | 中小型液晶 »

民主党と小沢問題

菅直人首相は27日、小沢一郎元代表が
民主党の決定に反して国会招致を拒んだ場合は
「出処進退を含め本人が考えて頂くしかない」と述べ、
自発的な離党を促したそうです。

小沢氏の離党は党の分裂につながる可能性があり、
内閣改造も政権の要である仙谷由人官房長官の
交代の引き金を引く恐れがあるそうです。

それでも首相が踏み込んだのは、自ら主導した
連立工作の失敗と、年内決着をめざした
小沢氏招致問題の越年が決まったことで
首相の指導力が真正面から問われる事態に
なったためだということだそうです。

どんどん民主党の支持率が落ちています。

限界水域です。
もう小沢問題を解決しても上がりませんよ。

民主党全体の体質問題がでていますから。

政権をとっても、もっと謙虚におこなえば
よかったですね。
鳩山前首相のように「あなたたちに言われたくない」
とか言ったらだめですよ。
国民はみていますから、結果、何もできませんでした。

それでは、政権はまかせられませんね。



|

« フィギュアスケートの全日本選手権 | トップページ | 中小型液晶 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事