« 中国人の初売り | トップページ | ゲームの景気 »

アメリカの中国人

アメリカの雇用状況が厳しいようです。

ますます大きくなる中国の力を認めながらも
こういう状況を全ては受け入れようとしない。
景気低迷で苦痛にあう米国人たちは
‘中国の安い製品が米国の働き口を奪っている’

という式に不満を吐露したりもしているようです。

今は一般米国人の間でも‘中国疲労感’を感じながら、

中国に対する反感が大きくなっているようです。
実際、先月初めのギャラップ調査によれば
"中国を信頼していない" という米国人は65%で、
2009年の56%に比べて数値が大きく増えました。

以前の日本製品と同じですよ。

中国はアメリカの国債を持っているから
以前の日本のように圧力はかけませんが。

でも、オバマの民主党が共和党に変わったら
わかりませんよ。

日本だってプラザ合意なんかやりたくなったですからね。

日本としてはいいことです。
中国が、日本を抜いて2位なれば、アメリカの関心は
中国に向きますからね。


|

« 中国人の初売り | トップページ | ゲームの景気 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事