« 言いなり議会はいらない | トップページ | 阿久根前市長の任意聴取 »

中国がGDPが第二位

中国がGDPが世界第二位になりました。

2010年の名目GDPは479兆2231億円で、
ドル換算すると約5兆4742億ドルとなりました。

この結果、中国の約5兆8786億ドルを下回り、

経済規模で世界2位の地位を明け渡しました。

記事では、2位が3位になったと言っています。

でも、中国のGDPって外資系の売り上げも
入っているのですよ。

つまり、中国の人件費が上がって、外資が
中国からアジアやインドに行けばGDPって
落ちるのです。

だからあまり心配しなくてよいのです。

それと、これで、日本がアメリカか直接
いじめられることはなくなりました。

2位のときには、プラザ合意、半導体摩擦
自動車摩擦、今回のトヨタたたきなど
いろいろありました。

これが、これから中国たたきになるのです。

いいことです。
日本は、地道にやっていけばよいと思いますよ。

|

« 言いなり議会はいらない | トップページ | 阿久根前市長の任意聴取 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事