« 日中貿易 | トップページ | 中国のデモ »

公認会計士も不況

昨年の公認会計士試験合格者のうち、
過去最悪の約4割が就職できず、
資格が得られない「会計士浪人」に
なっていることが金融庁の調査で分かりました。

2006年から合格者を大幅に増やしたことや、
不況が原因とみられます。

金融庁は一般企業に採用を呼びかけているが、
合格者の就職環境は年々悪化しているようです。

弁護士も同じです。

国内から、企業や工場がどんどん海外に行っています。

公認会計士って大企業で必要ですが、
年寄りが辞めないので、これ以上必要ないですね。

やっぱり、経済をみて、こういう資格の
商売は決めるべきです。

|

« 日中貿易 | トップページ | 中国のデモ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事