« ハウステンボスの宿泊客 | トップページ | みずほ銀行を行政処分 »

中国の輸出中止

北海道漁連は、ウニやキンキなどの生鮮魚介類の
中国への輸出を当面、中止することを決めました。

福島第1原発の事故を受けて中国側が検疫を強化し、
魚介類が到着翌日まで税関に足止め
される例が出始め、鮮度を保てないと判断しました。

中国への生鮮魚介類の輸出は、魚食ブームの
高まりを背景に昨年12月に始まったばかり。

将来の輸出戦略の一角を担う取り組みとして
期待されていた。
これまで7回の空輸で 根室産ウニやオホーツク産キンキなど
14品目200キロを上海に運び、計500万円の 売り上げが
あったそうです。

でも、まだ、始めたばっかりだったからよかったですね。

これで、取引が増えていたら、影響は
かなり大きくなります。

当面は、国内で消費するしかありませんね。

|

« ハウステンボスの宿泊客 | トップページ | みずほ銀行を行政処分 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事