« 不法残留の中国人 | トップページ | 小沢一郎氏 »

マイクロソフトの業績

米ソフトウエア最大手マイクロソフトが28日
2011年1~3月期決算を発表しました。

売上高が前年同期比13%増の164億2800万ドル
(約1兆3400億円)でした。
純利益が31%増の52億3200万ドル
(約4300億円)だった。
いずれも1~3月期としては過去最高です。

基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」部門は4%の減収でした。
米グーグルなどとの競争が激化し、同事業の成長に
かげりがみえます。

しかし業務用ソフト「オフィス」などのビジネス部門、
体感型機器「キネクト」の売れ行きが良いゲーム部門は
好調で、創業事業の鈍化を補いました。

ただ純利益は、絶好調を続ける米アップル
(59億8700万ドル)に負けたようです。

Windows7でも、減収だったのですね。
まだ、オフィスで利益を上げているのですね。

これから、パソコンは、タブレット端末に移行する
でしょうから、マイクロソフトも次の利益を作る
時期ですね。

|

« 不法残留の中国人 | トップページ | 小沢一郎氏 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事