« 携帯電話の基地局 | トップページ | 世界最大のポンプ車 »

民主王国の三重県知事選挙は

民主王国の三重県知事選挙で、
自民系の全国最年少知事が誕生しました。

16年ぶりの与野党第1党対決となった
三重県知事選は、野党共闘の枠組みで
臨んだ元経済産業省課長補佐の鈴木英敬氏(36)が、
民主党の岡田克也幹事長のおひざ元を突き崩しました。
当選を決めた鈴木氏は、津市の選挙事務所で
「東日本大震災を目の当たりにして今の政治体制では
乗り切れない、そんな思いがこういう結果を出していただいた。
日本の政治が変わる大きな大きな流れになる」と満面の笑みを
見せました。

そんなものです。

民主党は、今回の震災で延命しています。
でも、国民は、民主党にやめてほしいと
思っているのです。

|

« 携帯電話の基地局 | トップページ | 世界最大のポンプ車 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事