« 和民の店舗 | トップページ | スマートフォン »

カキの養殖の復興

宮城県塩釜市の松島湾に浮かぶ桂島は、

津波で大半の住宅や漁具が流されました。
桂島は人口約300人。65歳以上が過半数を占める。
震災では高さ10メートル超の津波で
住宅120戸のうち71戸が損壊し、ノリの加工場や
カキのイカダ、ロープなど作業道具の大半が
流失しました。
住民は養殖を再開するかどうか悩んでいたそうです。
 「一口オーナー制度をやってみませんか」。
提案したのは小泉善雅さん(36)。
インターネットやツイッターで1口1万円の支援金を
募って漁業の資材購入に充て、収穫できるようになれば
現物で出資者に還元する、と説明したそうです。
小泉さんの提案について、住民は最初は半信半疑だったそうです。
しかし、口コミやテレビで取り組みが知られると、
問い合わせが全国から殺到。すでに3300口以上 が
集まったそうです。
島の漁師は海に沈んだ種ガキの引き上げに乗り出し、
被害を免れたノリ乾燥施設は共同で使うことにした。
廃業を決めたのは数人にとどまったようです。
いいですね。
3300万円です。
大きい金額です。
国からの支援もあると思いますが、お金を集める
方法もいろいろありますね。
農業でもおこなっている方法です。
マスコミは、こういうことをもっと取り上げる
べきですね。
取り上げるとすぐにお金が集まると思いますよ。
税金だったら、誰のお金かわかりませんが、
オーナー制度だったら、自分のお金が
役に立っているのがわかります。
その町に遊びにいく機会も増えると
思います。
よい案です。

|

« 和民の店舗 | トップページ | スマートフォン »

ニュース」カテゴリの記事