« ギリシャの追加の再建策 | トップページ | NY株が上がる »

韓国国民の経済的苦痛

韓国国民の経済的苦痛が大きくなって
いるようです。
李明博(イ・ミョンバク)政府発足後、
国民が感じる経済的苦痛の度合いは、
盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府時代よりさらに
悪化しています。

天上知らずに高騰する物価や増え続ける失業に
より、暮らしが厳しくなっているからのようです。

韓国政府は、結局は、大手企業ばっかり
見ています。
サムソン、LG、ポスコなどです。

そして、FTAをいろいろな国と結びます。
大手企業ばっかりが儲かっています。

中小、零細企業、国民はどんどん貧しく
なります。

これは、韓国経済の脆弱性もあります。
結局、海外に輸出しなければ国を維持して
いけません。

でも、海外で儲けても、その利益はアメリカなどの
海外に吸い取られています。
これが問題なのです。

経済の仕組みを変えないと難しいでしょうね。

|

« ギリシャの追加の再建策 | トップページ | NY株が上がる »

経済・政治・国際」カテゴリの記事