« 日本の携帯メーカーの海外進出 | トップページ | 韓国国民の経済的苦痛 »

ギリシャの追加の再建策

ギリシャンの金融不安が拡大しています。

欧州連合(EU)は23、24日に首脳会議を開き、
財政危機に直面するギリシャについて、
「支援を得るためにギリシャが取り組む
全ての努力を支援する」などとした声明をまとめました。

29日に予定されている追加財政再建策の
国会通過はEUの支援の前提で、これに強い期待を
示したものだ。

EUと国際通貨基金(IMF)は2010年5月、
総額1100億ユーロ(12兆7千億円)の
支援を決定。
財政再建が予定通り進んでいることを条件に
段階的に入金してきた。

しかし、10年の財政赤字が予想より増大した
ことなどから7月半ばまでに必要な120億ユーロの
入金が難しくなっており、EUとIMFは増税や
歳出削減など、280億ユーロに及ぶ追加の
財政緊縮策をギリシャに求めています。

ただ、国民の反発が強く、国会を通るかどうか
はっきりしないそうです。

まだまだ不安定ですね。
ユーロの欠点がでましたね。

ギリシャも、これが通らないと、
経済が破たんしますから。

注目する必要があります。

|

« 日本の携帯メーカーの海外進出 | トップページ | 韓国国民の経済的苦痛 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事