« 孫社長の脱原発 | トップページ | 節電とパチンコ »

ワゴンRが首位に

日本自動車販売協会連合会と

全国軽自動車協会連合会、
日本自動車輸入組合は6月6日、
5月の新車乗用車販売台数ランキングを
発表しました。
それによると、トップはスズキの「ワゴンR」で、
販売台数は前年同月比22.7%減の
1万1186台でした。
2009年5月以来、2年ぶりのトップで、
東日本大震災で被災したり、部品が
調達できなくなったりしたことから「プリウス」
などの生産台数が大幅に減少したことが影響したようです。
22%も落ちても首位ですか。
いかに、日本の自動車業界が、震災で
影響を受けているのかわかりますね。
トヨタは、夏以降には、生産が戻る
ようなので、公正な競争をしてほしいですね。

|

« 孫社長の脱原発 | トップページ | 節電とパチンコ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事