« なでしこ優勝記念セール | トップページ | 中国新幹線の事故 »

原発輸出

菅直人首相は21日の参院予算委員会で、
原発輸出推進の政府方針を将来的に
見直す考えを示しました。

ただ枝野幸男官房長官はこれに慎重姿勢を
示し、海江田万里経済産業相も輸出に
積極姿勢を示すなど、政権内で認識の違いが
出ています。

野党は、首相の「脱原発」発言と、政権の
原発輸出推進政策との整合性を追及。

首相は答弁で「今回の(原発)事故を受けてより
安全性を高めて進めていく考えをベースに
しているが、もう一度きちんとした議論が
なされなければならない段階にきている」と
述べたそうです。

ただ、首相自身がトップセールスで受注した
ベトナムへの原発輸出については、
「外交交渉の現状に留意しつつ、
相互の信頼を損なわないように対応して
いきたい」と述べ、中止に慎重な姿勢を示したそうです。

総理の器ではないですね。
言葉が軽すぎます。

やっぱり、解散総選挙をすべきですね。
通常の選挙は、かなり先ですが、
このまま行ったら、もう民主党はなくなりますよ。

国民は、こんなにダメな政党に愛想を
つかせています。
でも、民主党は、総理をやめさせることも
できません。
バカみたいに、鳩ぽっぽが不信任を否決しましたから。

バカなリーダーばっかりです、

|

« なでしこ優勝記念セール | トップページ | 中国新幹線の事故 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事