« 円谷プロが勝訴 | トップページ | 円が、76円に »

労働力の減少?

少子高齢化を背景に労働力の減少が加速しているそうです。

会社員や自営業、職探し中の人を合計 
した「労働力人口」は2010年に6241万人となり、
5年前に比べて4.6%減った。
総人口に 占める割合は48.7%と25年ぶりに5割を
下回った。
若年世代の人口が減っているためだ。 
この傾向が続けば技術継承が滞り、国内製造業の
海外移転に拍車をかけかねない。
社会保障の担い手もさらに手薄になるそうです。
でもですね。
反面、就職できない人も多くいます。
派遣の人も多いですね。
これと、上の数字のギャップは何が
違うのでしょうか。
よくわかりません。
数字ばっかりが独り歩きをして、社会の
本当の姿が見えなくなっているように見えます。
何が正しい情報なのかを示すのがマスコミなのに
マスコミも間違った情報を流しています。
よくわかりませんね。

|

« 円谷プロが勝訴 | トップページ | 円が、76円に »

ニュース」カテゴリの記事