« インドも物価が上昇 | トップページ | 労働力の減少? »

円谷プロが勝訴

ウルトラマンの関連商品を海外で販売できる
独占的利用権の問題です。

侵害されたとして、企画デザイン会社
「ユーエム」(東京都港区)が円谷プロダクション
(世田谷区)に損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が
27日、知財高裁でありました

。飯村敏明裁判長は、約1600万円を
支払うよう円谷プロに命じた一審・東京地裁
判決を取り消し、ユーエム側の請求を棄却した。

一審判決は、円谷プロが1976年、タイ人社長に
海外での利用権を与えた契約を有効と認めました。

円谷プロは別の日本の大手玩具メーカーにも
利用権を与えていたため、タイ人社長から権利を
譲り受けたユーエム社への損害を認定しました。

しかし控訴審では、この大手玩具メーカーが98年に、
タイ人社長に損害を補償する代わりに権利を
放棄させる契約を結んでいた経緯が新たに判明。

飯村裁判長は「一審判決が認めた損害は生じていない」と
結論づけたそうです。

権利の問題は、いろいろありますね。
最後が最高裁ですから、上告するでしょう。

推移をみる必要があります。

|

« インドも物価が上昇 | トップページ | 労働力の減少? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事