« 7月の失業率と求人倍率 | トップページ | イギリスのテスコ »

ポーランド

ユーロ危機が拡大し、欧州連合(EU)

加盟国の経済が混乱する中、 ポーランドが
国内総生産(GDP)のプラス成長を続け
注目されているようです。 

同国はユーロを導入しておらず、通貨ズロチは
2008年の世界経済危機を境に 
ユーロやドルに対し下落。
これが輸出産業の競争力を高め、好調な経済の
要因となった。 
皮肉ですね。
通貨って経済のコントーロールの作用があるのです。
ユーロみたいに、経済の強い国と弱い国が、
1つの通貨でおこなうと、今回のギリシャの
ような問題がでます。
1国の通貨ですと、通貨が下がり、輸出が
増えるのです。
それがユーロでは、できません。
ユーロは今後、どうするか正念場です。
このままだと、ユーロ通貨はなくなりますね。

|

« 7月の失業率と求人倍率 | トップページ | イギリスのテスコ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事