« 百貨店の売上高 | トップページ | 林原の買収 »

中国の高速鉄道

中国の高速鉄道の負債額が大きいようです。

中国鉄道省が抱える負債が6月末時点で
2兆907億元(約25兆円)に上り、総資産に
占める比率は58.6%に達したそうです。

負債は3カ月前と比べて1071億元増え、
初めて2兆元を突破。

来年には対総資産比が7割を超えるとの試算もあり、
財務体質の悪化を懸念する声が強まっている。。

高速鉄道の建設が加速した2005年以降、
鉄道省の投資は急膨張。昨年には8426億元
(約10兆円)となり、5年前の6倍になった。

財政資金だけでなく、利払いが必要な銀行からの
借り入れや債券の発行による資金の調達が増えており、
将来的に経営圧迫につながりかねない要素もあるそうです。

でも、中国は、日本と同じように貯蓄がありますから
まだいいですね。

どうやって今後利益をだしてゆくのかは
考える必要がありますが。

|

« 百貨店の売上高 | トップページ | 林原の買収 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事