« 日韓戦 | トップページ | ホンダのメキシコ工場 »

人民元

中国人民銀行は11日、人民元の取引の
目安として毎朝発表している基準値を
1ドル=6.3991元と、2005年7月の
人民元改革以降の最高値に設定した。

6.3元台は初めてのようです。

中国の消費者物価の上昇率は7月、
前年同月比6.5%と約3年ぶりの高水準となった。

先進国の金融緩和であふれた資金が、
中国が輸入する資源など国際商品価格を
押し上げるとの懸念も広がっている。

このため、輸入物価を下げる効果を狙って
人民元高に誘導しているとの見方もでているそうです。

中国では、食料品の価格が上がっています。
輸入価格を抑えるには、人民元が
上がればようにですが、中国は人民元を
コントロールしています。

あげれば、輸出産業に影響がでるし
今のままだと、物価があがります。

ジレンマですね。

|

« 日韓戦 | トップページ | ホンダのメキシコ工場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事