« 中国の高速鉄道 | トップページ | オリエンタルランドが赤字 »

林原の買収

林原が倒産しました。

粉飾決算を続けて経営破綻(はたん)したバイオ
関連企業、林原(岡山市、会社更生手続き中)の
スポンサーに化学製品商社の長瀬産業(大阪市)が決まりました。

両社が発表した。
買収額は700億円です。

林原は甘味料の「トレハロース」や抗がん剤の
「インターフェロン」などで独自技術を持つ。

林原のバイオ技術を自社の酵素研究に取り込みたい
長瀬と、幅広いメセナ事業などの一括引き受けを
望む林原側との思惑が合致したとみられる。

林原の更生管財人は4日に岡山市内で銀行団側
に支援内容を説明するそうです。

債権者の了解を取り付け、11月18日までに
東京地裁に更生計画案を提出する。

林原グループの負債総額は約1400億円。
買収額が700億円に跳ね上がったことで、
更生計画は認可しやすくなる見通しです。

よかったですね。
韓国の企業も入っていましたが、日本の企業に
きまりました。

大事な技術をたくさん持っている企業が
韓国企業になるのは、いやですね。

でも、林原の経営者の責任は大きいと
思いますよ。

|

« 中国の高速鉄道 | トップページ | オリエンタルランドが赤字 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事