« 東北の高速道の無料化 | トップページ | シャープが業務用のタブレット »

日中の改善

冷え込んでいる日中間の国民感情を改善させようと、
外務省が両国の市民らに直接交流を働きかける試みを
強化しているそうです。

 「日中間の人的交流がさらに拡大することを期待しています」。
外務省の山花郁夫政務官は10日、中国人観光客の査証(ビザ)
発給緩和を発表した。

外務省は1月、対中政策の新たな3本柱を決め、
その一つに「国民感情の改善に向けた交流促進」を据えた。
「対立より協力した方がお互いの国益は増大するというのが
戦略的互恵関係。
国民の理解や支持なしに進めることは難しい」
ためだそうです。

今は、日本人が中国を嫌いな人が多いのですよ。

何故嫌いなのか外務省は知っているのでしょうかね。
尖閣の問題でも、わかります。

結局、中国に非があるのです。
それなのに、交流してもよくなるわけがありません。

そして、中国では反日教育をやっています。
そういうのをやめさせれば、考えてもよいですが。

外務省がやればやるほど中国や韓国を嫌いに
なります。

|

« 東北の高速道の無料化 | トップページ | シャープが業務用のタブレット »

経済・政治・国際」カテゴリの記事