« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

東京都の電力

東京都庁舎(新宿区)で使用する電力に
ついてです。

都は29日、すべて東京電力から調達して
いる態勢を見直し、来年度から一部を
東京ガスから購入する方針を固めたそうです。

都庁舎の最大需要電力1万1千キロワット
のうち3千キロワットの提供を受ける。

災害時に拠点施設となる都庁舎の停電のリスクを減らす狙いがある。

現在、都庁舎の電力は100%を東電からの
供給に頼っています。

都庁舎に近い新宿副都心地区の東京ガス
地域冷暖房センターには、利用されていない
発電機があることから、これを稼働させ、
独自の送電設備をつくって都庁舎に送る。

料金については今後、東京ガス側と交渉を
進めるということです。

やっぱり、送電の会社を分離すべきですね。
そして、いろいろな会社が電力を作るべきです。

他の民間や家庭の、太陽光などを活用すべきです。

|

ホンダの二輪車のエンジン

低燃費は自動車だけかと思ったら、

二輪車もやっているのですね。
本田技研工業は9月26日、700ccの
二輪車用新型エンジンと第2世代の
デュアルクラッチトランスミッションを開発しました。
11月に開催されるEICMA2011(ミラノショー)に
タイプの異なる3つのコンセプトモデルを出展するそうです。

新型エンジンは、水冷4ストロークの700cc直列2気筒
エンジンで、欧州地域で広く支持されている
ミドルクラスに適合する。

燃費はリッター27キロ以上となり、同クラスの
スポーツモデルと比較すると40%以上の向上を
実現するそうです。

初めて知りましたが、リッター27キロなのですか。
ダイハツの今回発売した、軽自動車は、リッター
30キロです。

燃費からだと、軽自動車の方がよいのですね。

|

外食の売上高

日本フードサービス協会が
8月の外食産業の売上高を発表しました。

前年同月比3.3%減となり、2カ月ぶりに
前年水準を下回りました。
夏祭りや花火大会といったイベントが
自粛され、人が集まる機会が減ったことなどが
響いたそうです。
とくに8月後半は天候不順で涼しかったことも、
売り上げ減につながった。
ファストフード店では、ドリンクなどの売り上げが減り、
ハンバーガー店を含む「洋風店」で同6.2%減だった。
放射能汚染問題が響いて7月は前年同月比14%減だった
焼き肉店は、8月も同12.1%減だったそうです。
景気は、よくなっているように
思ったのですが、外食産業はよくなかった
のですね。
まだ自粛があるのは知りませんでした。

|

仙台空港が復旧

東日本大震災で壊滅的な被害を受けた
仙台空港で25日、国際線の定期便の運航が
再開されました。

空港ビルも全施設が使用可能になり、
宮城県は「完全に復旧した」として利用増に
向けたPRに力を入れる考えだ。

まずはソウル路線から再開され、10月にはグアム、
台北路線も再開する予定です。

仙台空港では午後0時半ごろ、ソウルからの
国際定期便再開第1便が到着。

約1時間後に出発第1便も同地に向けて飛び立った。

運航するアシアナ航空によると、いずれも141席が
ほぼ満席だったということです。

どんどん復旧しています。
半年で復旧しました。

先日は、東北新幹線が以前のダイアに
戻っています。
交通の便がよくなると、交流も活発になります。

いいことです。

|

琴奨菊が勝つ

大相撲秋場所13日目は23日、

東京・国技館であり、白鵬と琴奨菊の
直接対決がありました。
琴奨菊が勝ち、2敗を守った。
白鵬は前日の稀勢の里戦に続き2連敗。
琴奨菊は初優勝と大関昇進に望みをつないだ。
北太樹は豊真将、臥牙丸は稀勢の里にそれぞれ敗れ、
3敗目を喫した。
面白くなりました。
やっぱり、横綱の白鵬ばっかりかっても
面白くないですね。
下の人が、勝って盛り上がります。
もっと、若い日本人がどんどん出てくれば
相撲も盛り上がると思います。

|

年収200万円以下

年収200万円以下の給与所得者が

5年連続で1000万人を超えていることが、 
国税庁の民間給与実態統計調査から分かりました。
同調査によると、2010年の1年を通じて勤務した
給与所得者は4552万人。 
うち年収200万円以下は1045万人で全体の22・9%を
占めました。 
とくに女性は42・7%にのぼりました。 

男女あわせて1000万人を初めて突破したのは06年。 
小泉自民・公明内閣(01年発足)が推進した
「構造改革」のもとで 派遣労働者の製造現場への
派遣解禁(04年施行)などによって、賃金が安い
非正規社員の割合が増加。 
大企業は正社員の非正規社員への置き換えを進め、
人件費抑制によって収益の改善・増加をはかりました。 
働いても貧困から抜け出せない「ワーキングプア」の
増大が社会問題となりました。
本当に1000万人ですか。
多いですね。
派遣が多くなったのは、確かですね。
正社員が、派遣になりました。
最近では、派遣は、少しは少なくなったと
思ったのですが、給料が少ない人は
多いですね。
雇用体系を見直す必要があります。

|

キムチでまちおこし?

川崎市在住の市民や商店主、各種団体関係者らが、

「S級グルメ キムチグランプリ2011-川崎にはキムチ
がある-」(裵重度(ペェチュンド)実行委員長)を
企画したそうです。
市内でつくられているキムチを 一堂に集め、
味比べなどを行う11月20日(日)、川崎区桜本
の桜本商店街での開催にあわせ、出店者、協賛企業、
スポンサーを募集している。 

在日韓国・朝鮮人が多く住む川崎区田島地区には、
多くの専門店や焼肉店、韓国食材店が店を構え、
自家製キムチを販売しているそうです。 
「S級グルメ キムチグランプリ」は、 
こうした特色をまちおこしにいかそうと考案された。
S級は、開催場所の「桜本」にちなむ。 

イベントは、自家製キムチを取り扱う店や自宅で
キムチづくりに取り組む在日コリアン 
のハルモニ(おばあちゃん)やオモニ(お母さん)らを
一堂に集め、参加者が味比べを 
行い、グランプリなどを決める。
また、キムチづくりの体験コーナーも企画するそうです。
だれをターゲットにしているのでしょうか。
韓国の人は、朝から夜までキムチを食べますが、
日本人は、食べません。
焼肉を食べるときくらいです。
もっと、違うことも入れた方がよいと思います。
B級グランプリは、各地方から1流のグルメが
あるから集まるのです。
何か違うような気がしますが。

|

原発の再稼働

野田佳彦首相は20日の米ウォール・ストリート・

ジャーナル紙とのインタビューで、定期検査で停止中の 
原子力発電所の再稼働に言及したそうです。
「電力需給があるので、来年の春以降、夏に向けて
再稼働できるものは していかなければいけない」と
表明しました。
「電力不足になれば日本経済の足を引っ張る」とも指摘。 
再稼働できない場合、来夏に予想される深刻な
電力不足に強い危機感を示した。 

首相は、再稼働にはストレステスト(耐性調査)などを
通じた原発の安全性確保と地元自治体の理解が 
前提となるとの考えを強調した。
今夏の電力不足が回避できたことから再稼働は
必要ないとする見方に ついては「あり得ない」と
否定したそうです。
短期的には、再稼働すべきですね。
電力問題がまた起こります。
企業活動に制限がでると景気が減速します。
首相の判断としては、妥当だと思います。

|

ユーロが下落

19日のニューヨーク外国為替市場では 
ユーロが幅広い通貨に対して下落。

 
ギリシャがデフォルト(債務不履行)すればより
規模の大きい国に影響が波及し、 
欧州銀にも打撃を及ぼすとの懸念が
圧迫材料となったそうです。 

ギリシャの財務省筋が、欧州連合(EU)、
国際通貨基金(IMF)、欧州中央銀行(ECB)の 
3機関と支援継続について合意が近いと
明らかにしたことを受け、終盤には下げ幅を縮小したが、 
警戒感の払しょくにはつながらなかった。 
ユーロ/ドルは終盤の取引で0.8%安の1.3692ドル。 
前週末にポーランドで開かれたEU財務相非公式理事会で
債務危機への新たな対応策が 打ち出されなかったことを受け、
一時は1.36ドルを割り込む水準まで下落した。 
ユーロ/円は1.2%安の104.68円、ドル/円は
0.3%安の76.52円。
ユーロの正念場です。
アメリカの経済も弱いし、ユーロは金融不安だし、
困りますね。
今後に注目です。

|

ノートブックの電池寿命

Intelのデベロッパーフォーラムがおこなわれました。

鍵となったるのは「2013年」
それはIntelのHaswellアーキテクチャが誕生する年! 
これが登場すれば、なんと1回の充電でラップトップが
24時間稼働、スタンバイの状態ならば10日間という
驚きの持久力が可能になるそうです。
さらに22nmプロセスのHaswellは本当に少しの
電力で動くことができるそうです。
これならソーラーパワーで動くこともできると
いうことです。
現に、HaswellベースのWindowsコンピューターが
ソーラーセルからの電力で動くというデモンスト
レーションが行われました。
窓際に座って作業してれば何日も
充電しなくてよいかもしれません。
今、スマートフォンもノートブックも一番
問題なのは、電池の寿命です。
毎日、充電する必要があります。
これが、長くなれば、画期的です。
再来年ですか。
テクノロジーはどんどん進化しています。

|

ダボス会議

世界経済フォーラム主催の夏季ダボス会議が16日、

中国・大連で閉幕しました。
欧州信用不安のさなかの開催となりました。
中国の温家宝首相が欧州支援を表明するなど
世界経済が存在感を増す中国への依存を余儀 
なくされる中で、出席者から中国の「膨張路線」への
警戒感の根強さをうかがわせる発言が出た。
一方で 中国国内の企業家・知識人から統制色の
強い中国の変化を求める声も相次いだ。 

「欧州には中国の投資が必要だ」(英国のブラウン前首相) 

「米国も中国輸出拡大を考えているが、中国の対米直接投資の
増加を奨励する」(米国のゲーリー・ロック 駐中国大使) 

欧米の出席者は主要国経済が後退局面に入る中、
苦肉の策として中国依存を高めざるを得ない状況を 
表現した。 

一方、食糧安全保障を巡る議論では、中国の海外での
農地買収への批判的な声が表面化。
IT(情報技術) インフラに関する討議では、中国を
念頭に置く形で「過度なインターネット規制」への
けん制論が相次いだそうです。
昔は、日本がやりだまに上がっていましたが、
今は、中国です。
中国の海外の投資は少ないと思いますよ。
中国国内での不平不満がたくさんありますから。
あんまり、ダボス会議も魅力がなくなりました。
影響力もありません。

|

SMAPの北京公演

人気グループ「SMAP」が16日夜、
北京の工人体育場でコンサートを開きます。

1988年の結成以来初めての海外公演は、
尖閣事件などで何度か延期を しました。

温家宝(ウェン・チアパオ)首相の招待を
受けるかたちで実現しました。

国交正常化40周年を来年に控え、
国民の相互感情が過去最悪との調査もあるが、
両政府は「アイドル」外交に期待を寄せる。

駐日中国大使を務めた王毅氏や崔天凱氏ら
中国外務省幹部も駆けつけたそうです。

中国国民の日本に対する印象よりも、
日本国民の中国に対する印象の方が
悪いです。

中国国民の印象をあげたいのでしょうかね。

少なくとも、中国の人件費が上がって、
製造業は、中国から他の国に移動しています。

日本からの投資を増やすには必要なのかも
しれません。

|

和田アキ子と島田紳助

島田紳助が芸能界を引退してから芸能界の

他の人のうわさが多いですね。
タレントの和田アキ子さん(61)が島田紳助さん(55)らと
賭け麻雀をしていたと週刊文春が報じて、物議を醸している。 
紳助さんの引退にあまり触れないのはそのためと断じているが、 
関係者によると、アキ子さんは、「まったく事実無根」だと話している。 

島田紳助さんが引退を知らせようとしたと会見で
明かしたほどの仲だ。 
それだけに、和田アキ子さんがマスコミに多くを
語らなかったことは様々な憶測を呼んでいます。
芸能界もいろいろありますからね。
島田紳助のうわさもどこまでほんとかわかりません。
周りの人はだまっています。
週刊誌ばっかり、いろいろなことを書いています。
週刊誌が売れますからね。
どれが本当なのでしょうかね。

|

なでしこ、CMに

なでしこが、CMに引っ張りだこの
ようです。

ワールドカップ(W杯)優勝に続き
五輪出場も決めた女子サッカー日本代表が、
企業からも引っ張りだこです。

13日には、前日に中国から帰国したばかりの
「なでしこ」たちが、起用の決まったテレビCMの
発表会に登場した。

東京都港区のホテルで開かれたサンヨー食品
「サッポロ一番」のCM発表会には沢穂希、
川澄奈穂美、海堀あゆみの3選手が出た。

沢選手は「撮影はW杯決勝より緊張した。

上手に食べられなくて、1人で20回くらい食べた」。
サンヨーは今回、3人が所属する「INAC神戸レオネッサ」と
スポンサー契約も結んだそうです。

クラブチームにとってもよいことです。
本人も、生活に余裕がでます。

そして、子どもたちに夢がでてきます。
やっと、女子サッカーも注目されるように
なりました。

|

声で動くエアコン

東芝ホームアプライアンスは12日、音声で

操作できる世界初のエアコン
「大清快VOiCE NDRシリーズ」13機種を
11月上旬に発売すると発表しました。
マイクやスピーカーを内蔵したボイス
コントローラーが音声を認識し、赤外線通信で
室内機に指示を出すそうです。
市場想定価格は21万~33万円のようです。
でも、何で声で操作する必要があるのでしょうか。
スイッチを入れればよいと思います。
何のメリットがあるのでしょうか。
よくわかりません。
そういう技術があるということを
知らせるのですかね。

|

NYダウが急落

NYダウが、急落しました。

9日のニューヨーク株式市場は、
ダウ工業株平均は前日比303.68ドル(2.69%)
安い1万0992.13ドルで取引を終えました。
終値としては8月22日以来、約3週間ぶりに
1万1千ドルを割りました。
欧州債務問題への懸念が膨らんで
大幅に下落しました。
欧州中央銀行が同日、ドイツ出身の
スターク理事が辞任すると発表。
欧州諸国の国債の大量購入を巡る意見対立が
あったと伝えられ、今後の欧州の債務問題に
影を落とすとの懸念が広がったそうです。
また、米同時多発テロから10年目を狙った
米国に対するテロへの不安も根強かったそうです。
せっかく、G7の会議をしたのに、全然効果が
ないですね。
ギリシャをユーロからはずすしかないですよ。
他のユーロ圏にも広がります。

|

日本人が好きな国と嫌いな国

AP通信と米調査会社GfKが日本で世論調査をおこないました。

報道によれば、AP通信と調査会社GfKは
7月29日から8月10日にかけて、日本で
成人1000人を対象に世論調査を行いました。
米国やドイツ、イスラエル、中国、韓国、
北朝鮮、ロシアなどの7カ国に対する
日本人の見方についての調査で、「好きな国」の
1位は米国(49%)で、ドイツ(48%)と韓国(31%)が後を次いだ。
今回の、震災で、アメリカに感謝する人が
増えたと思います。
7割以上の日本人が中国について「嫌い」と
答えた一方、日本人が「好き」と答えた国の中で、
韓国が米国と ドイツに次ぎ3位になりました。
韓国メディアはこの調査結果に注目し、「中国を嫌う
日本人が7割以上で、中日関係が歴代最悪」
「日本人が好きな国で、韓国が3位」などの 
見出しで関連内容を報じた。 


韓国メディアは、日本人が「好きな国」で韓国が3番目になったが、
「韓国を嫌う」との 答えも27%を占めており、
「(日本人の)韓国に対する複雑な感情を表わしている」と指摘。
そして「ドラマやK-POPの人気は高まっているが、
国家イメージはまだ良くないようだ」という 
AP通信の見方も伝えたそうです。
正しいと思います。
尖閣問題から、中国が嫌いになった人が
増えていると思います。
全然改善していません。
当分は、このままですね。

|

缶コーヒーで被災地支援

トヨタグループの食堂や売店を
運営する生協や子会社5社は7日、
缶コーヒー1缶の売り上げのうち
1円を東日本大震災の被災地に寄付する、
と発表しました。

デンソーやアイシン精機、豊田自動織機、
トヨタ車体の工場などにある売店113店、
自動販売機2049台で実施するそうです。
復興支援の一環で、来年8月末まで続ける。
年間300万円を目標としているそうです。
たった1円ですが、300万円にもなります。
いいことです。
震災の支援は、継続することが
大切です。
政府だけではなくて、国民として、
何か支援できるものはないのでしょうかね。
そういう仕組みを作ることが
大事です。

|

本田のけが

サッカー日本代表の本田が右膝半月板損傷の

ため日本代表を離脱しました。
ブラジルW杯アジア3次予選ウズベクにも
出場できませんでした。
でも、11月の同予選2連戦で代表復帰できる可能性が
出てきたそうです。 

CSKAは「最大で全治3カ月」と発表したが、遠征に
帯同している日本協会の原博実技術委員長が、 
「そんなにかからないと思う」と否定。
膝の手術についても「内視鏡での簡単なもの」と
説明したそうです。
よかったですね。
本田がいないのが、こんなに大きいとは、
思いませんでした。
早く復帰してほしいですね。

|

マイクロソフトのタブレット

日本マイクロソフト(MS)は5日、
大手パソコン(PC)商社のダイワボウ情報システムと
組むそうです。

MSの基本ソフト(OS)「ウィンドウズ」を搭載した
タブレット型端末を中小企業などに売り込む組織を
10月に立ち上げると発表しました。

新組織「ウィンドウズスレート推進センター」は、
ダイワボウの東京支社(品川区)に置き、
MSの技術者ら約10人が常駐。

ダイワボウと取引がある約1万7千社を通じて、
端末の導入を希望する企業側の要望を聞き、
専用ソフトの開発につなげる。

教育機関や医療機関などには端末の便利な使い方を提案する。

消費者向けの市場では、米アップルの「iPad」や
米グーグルのOS「アンドロイド」を載せた端末が
先行しているが、企業向けの普及はこれから。

日本MSは、圧倒的なシェアを握るウィンドウズPCの
顧客基盤を生かして対抗するそうです。

これは、よいかもしれません。

タブレットの問題は、パソコンとの連携が
うまくいかないことです。
これがうまくいけば、市場は広がるかも
しれません。


|

中国の公害

中国の公害がひどいようです。

香港紙明報などは4日、中国福建省
寧徳市のビン江流域でこのほど、
大量の魚が死んで川面を埋め、
周囲の養魚場にも大きな被害が
出ていると伝えました。

工業廃水による汚染を疑う千人規模の
住民が抗議のために道路をふさぎ、
警察と衝突したとの情報もあります。

被害が出たのは養魚場が集まる同市
古田県一帯で、数日前からビン江や
養魚場の魚が相次いで死んでいるのが
見つかったという。

明報は死んだ魚の数を約900万匹としている。
地元漁業当局は何らかの理由による
酸欠が原因としたが、住民は納得せず、
製薬工場や製紙工場などからの工業廃水に
よる汚染を疑っているという。

中国は、各地で汚染が深刻になって
います。
こういう魚はどこに行っているのでしょうか。

日本に来るのはやめてほしいですね。
中国の負の部分です。

|

野田内閣

野田内閣の閣僚が決まりました。

適材適所で人選したと言っています。
マスコミは、中には、適していない人も
いると批判しています。
そんな、全員をきちんと決められますか。
最後は、首相がきちんとしていればよいのです。
鳩ポッポや管氏よりは、ずっといいです。
野田首相をマスコミとのやりとりを聞いて
いましたが、しっかりしています。
マスコミが、いやみやジャブを打っても
さらりとかわします。
これは、小泉前首相も同じでした。
落ち着いています。
野田首相は、わかりやすいです。
これは、今の首相には絶対に必要な
資質です。
評価はこれからですが、頑張ってほしいと
思いますね。
前原さんや海江田さんではなくてよかったと
思います。

|

ビール系飲料

ビール系飲料市場で、小売り各社が
発売しているプライベートブランド(PB)を
中心にした輸入商品が勢力を拡大しています。

これまでの新ジャンルに加え、ビールも登場しました。

大手メーカーよりも20%程度安価で、
東日本大震災以降、自宅で飲むことの増えた
消費者に拡販する絶好のチャンスとなっています。

また、PB商品の生産は韓国が多く、ウォン安も
追い風となっているといます。

業界では、ビール大手5社が公表しているビール系
飲料(ビール、発泡酒、新ジャンル)の課税出荷数量が
市場として認識されているが、この数字には、製造の
多くを韓国企業に委託している小売り企業の
PBは含まれていない。

2011年1―7月の通関統計でみると、麦芽発泡酒の
輸入は11万7147キロリットルで前年同期比72%増と
大きく伸びています。

イオンも韓国から輸入したPBのビールを
発売しています。

円高のメリットですね。
結局、円高になったら円高を生かした
ビジネスをおこなえばよいのです。

大手はその点したたかです。

|

イギリスのテスコ

英スーパー最大手のテスコは31日、
日本市場から撤退すると発表しました。

首都圏で129店を運営していた事業を売却する。
ほかのアジア地域に経営資源を集中することにしたという。

129店は「テスコ」、小規模店の「テスコ・エクスプレス」のほか、
「つるかめ」ブランドのスーパーもある。

同社は「売却先は決まっていない。
プロセスは始まったばかりだ」(広報担当者)としている。
各店の営業は、今後数カ月はテスコが続けるという。

テスコは2003年に日本に進出した。
その際、中堅スーパー「つるかめ」を運営する
シートゥーネットワークの経営権を株式公開買い付け
(TOB)で取得し、傘下におさめました。

アメリカのウォールマートが日本にきて
セイユーと一緒に小売業を始めましたが、
あまり、調子がよくないようです。

日本市場は競争が厳しいですから。
消費者の要求も厳しいです。

撤退もわかります。

 

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »