« キムチでまちおこし? | トップページ | 琴奨菊が勝つ »

年収200万円以下

年収200万円以下の給与所得者が

5年連続で1000万人を超えていることが、 
国税庁の民間給与実態統計調査から分かりました。
同調査によると、2010年の1年を通じて勤務した
給与所得者は4552万人。 
うち年収200万円以下は1045万人で全体の22・9%を
占めました。 
とくに女性は42・7%にのぼりました。 

男女あわせて1000万人を初めて突破したのは06年。 
小泉自民・公明内閣(01年発足)が推進した
「構造改革」のもとで 派遣労働者の製造現場への
派遣解禁(04年施行)などによって、賃金が安い
非正規社員の割合が増加。 
大企業は正社員の非正規社員への置き換えを進め、
人件費抑制によって収益の改善・増加をはかりました。 
働いても貧困から抜け出せない「ワーキングプア」の
増大が社会問題となりました。
本当に1000万人ですか。
多いですね。
派遣が多くなったのは、確かですね。
正社員が、派遣になりました。
最近では、派遣は、少しは少なくなったと
思ったのですが、給料が少ない人は
多いですね。
雇用体系を見直す必要があります。

|

« キムチでまちおこし? | トップページ | 琴奨菊が勝つ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事