« ポーランド | トップページ | ビール系飲料 »

イギリスのテスコ

英スーパー最大手のテスコは31日、
日本市場から撤退すると発表しました。

首都圏で129店を運営していた事業を売却する。
ほかのアジア地域に経営資源を集中することにしたという。

129店は「テスコ」、小規模店の「テスコ・エクスプレス」のほか、
「つるかめ」ブランドのスーパーもある。

同社は「売却先は決まっていない。
プロセスは始まったばかりだ」(広報担当者)としている。
各店の営業は、今後数カ月はテスコが続けるという。

テスコは2003年に日本に進出した。
その際、中堅スーパー「つるかめ」を運営する
シートゥーネットワークの経営権を株式公開買い付け
(TOB)で取得し、傘下におさめました。

アメリカのウォールマートが日本にきて
セイユーと一緒に小売業を始めましたが、
あまり、調子がよくないようです。

日本市場は競争が厳しいですから。
消費者の要求も厳しいです。

撤退もわかります。

 

|

« ポーランド | トップページ | ビール系飲料 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事