« ホンダの二輪車のエンジン | トップページ | 台湾からの観光客 »

東京都の電力

東京都庁舎(新宿区)で使用する電力に
ついてです。

都は29日、すべて東京電力から調達して
いる態勢を見直し、来年度から一部を
東京ガスから購入する方針を固めたそうです。

都庁舎の最大需要電力1万1千キロワット
のうち3千キロワットの提供を受ける。

災害時に拠点施設となる都庁舎の停電のリスクを減らす狙いがある。

現在、都庁舎の電力は100%を東電からの
供給に頼っています。

都庁舎に近い新宿副都心地区の東京ガス
地域冷暖房センターには、利用されていない
発電機があることから、これを稼働させ、
独自の送電設備をつくって都庁舎に送る。

料金については今後、東京ガス側と交渉を
進めるということです。

やっぱり、送電の会社を分離すべきですね。
そして、いろいろな会社が電力を作るべきです。

他の民間や家庭の、太陽光などを活用すべきです。

|

« ホンダの二輪車のエンジン | トップページ | 台湾からの観光客 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事