« 中国の不動産価格 | トップページ | 中国とユーロ »

マイクロソフトの売り上げ

ソフトウエア最大手、米マイクロソフトの7-9月
(第1四半期)決算は、売上高がアナリストの予想を
上回ったようです。

消費者の間でパソコン(PC)需要が振るわなかったものの、
企業による事務用統合ソフト「オフィス」や
サーバー用ソフトの投資が好調だった。
20日の発表によると、売上高は前年同期比7.3%増の
174億ドル(約1兆3400億円)です。
アナリスト予想平均の172億ドルを上回った。
純利益は57億4000万ドル(1株当たり68セント)となり、
前年同期の54億1000万ドル(同62セント)から
6.1%増加。アナリストの予想平均は1株当たり68セントだった。
法人顧客向けでは、オフィスのほか基本ソフト(OS)
「ウィンドウズ」や社内ネットワーク向けの
データベース用ソフトが売れている。
法人向け複数年契約からの収入も業績の追い風となっており、
消費者のPC購入の減少を補ったそうです。
パソコンがよくなかったですからね。
法人が安定しているならよかったですね。
当分は、よいと思います。
でも、スマートフォンやタブレットがどんどん
増えていますのでこれからどうするかですね。

|

« 中国の不動産価格 | トップページ | 中国とユーロ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事