« トヨタが減産 | トップページ | ソニーエリクソン »

マツダがディーゼル車

マツダは10月25日、クリーンディーゼルエンジン
「SKYACTIV-D」搭載車を2012年から日本市場に
投入すると発表しました。

第1弾は、2.2リッターエンジンを搭載する
クロスオーバーSUV「マツダ CX-5」だ。

SKYACTIV-Dは、従来のクリーンディーゼルエンジンの
普及阻害要因だった高価な窒素酸化物(NOx)後
処理装置を使用せずに、ポスト新長期規制に適合した
乗用車用エンジンです。

同社によれば世界初だそうです。

これは、燃焼そのものをクリーンにする技術革新で
解決したそうです。

ヨーロッパでは、ディーゼルが多いですね。
日本でも、ディーゼルを発売した方がよいと
思います。

CO2が減ります。
マツダも、頑張っていますね。
技術がどんどん進化しています。

|

« トヨタが減産 | トップページ | ソニーエリクソン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事