« イタリアの国債 | トップページ | 子どもの体力格差 »

高速通信

375MBPS高速通信ができる規格ができるようです。

TransferJetは、ソニー、東芝、
キヤノン、日立、JVCケンウッド、
KDDI、サムスンなどからなるコンソーシアムが
提唱する近接通信規格です。
1対1の近距離無線通信というと、同じくソニーが開発した
「FeliCa」やNFCなどがあるが、両者は別の技術を
使っており、干渉はなく両者の併用も可能。

安全面では、1対1での通信中に第3者の端末が
通信圏内に入ってきても第3者からはアクセスが
できない仕組みになっています。
またWi-Fiや携帯電話網などのように帯域を
シェアするのではないため、理論値に近い
実効スループットが実現できる。
現状の規格でも375Mbpsの転送レートが
実効値となっている。
すごいですね。
技術がどんどん進化します。
375Mbpsだと、もう光回線なんか
必要でなくなります。
また、時代が変わります。

|

« イタリアの国債 | トップページ | 子どもの体力格差 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事