« 東芝のノートブック | トップページ | 日本の大手機関の国債 »

震災の幼稚園児の死亡訴訟

宮城県石巻市の幼稚園の送迎バスが
東日本大震災による津波に巻き込まれて
園児5人が死亡した事故です。

遺族が園側に計2億6689万円の
損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が11日、
仙台地裁で開かれました。
園側は争う姿勢を示した。
訴えたのは園児4人の遺族です。
訴状によると、バスは3月11日午後3時ごろ、
高台の日和幼稚園を出発。
午後3時45分ごろに津波に遭い、その後に火災も
発生して、5人が犠牲になった。
遺族の代理人は法廷で、「『千年に一度』や
『想定外』を免罪符とせず、子どもを預かる幼稚園の
責任について十分に審理してほしい」と
述べたそうです。
幼稚園の過失があれば責任があるかもしれません。
一部の報道では、バスは海に向かって走ったと
言われています。
きちんと検証すべきですね。

|

« 東芝のノートブック | トップページ | 日本の大手機関の国債 »

ニュース」カテゴリの記事