« 台湾からの観光客 | トップページ | 国内回帰のパソコンメーカー »

ノーベル賞

ノーベル賞の季節になりました。

3日発表されるノーベル医学生理学賞について、
スウェーデン紙ダーゲンス・ニュヘテルは2日、
iPS細胞(人工多能性幹細胞)を作製した京都大の
山中伸弥教授が最有力と伝えたそうです。

英国の研究者らと共同受賞する可能性が
あるとしているそうです。

同紙は昨年も山中教授の名前を挙げている。

また、4日に発表される物理学賞では、
青色発光ダイオード(LED)を開発した米カリフォルニア大
サンタバーバラ校の中村修二教授の名前を挙げたそうです。

今年も、日本人にとってほしいですね。

村上春樹の名前もあがっているようです。

誰がもらうのか楽しみですね。

|

« 台湾からの観光客 | トップページ | 国内回帰のパソコンメーカー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事