« 東京都の電力 | トップページ | ノーベル賞 »

台湾からの観光客

北陸を訪れる外国人観光客で台湾が
突出しているそうです。

東日本大震災や福島原発事故の影響で欧米や中国、韓国
などが沈んだままなのに対し、いち早く回復した台湾は
兼六園で7割、立山黒部アルペンルートでは9割を占めるそうです。
台湾以外の外国人の入り込みは「年内の回復は難しい」
(関係者)との見方があり、観光業界にとっては当面、
台湾客をいかに取り込むかが重要になる。
「兼六園を訪れる台湾人は8月も前年比1割以上増えている。
しかし、欧米からの回復はまだまだ遠い」。
石川県の谷本正憲知事は26日開かれた県信用保証協会の理事会で、
兼六園の外国人観光客についてこう述べた。
3月の東日本大震災で兼六園を訪れた外国人は激減したが、
台湾は6月に前年比55%増の約6900人とプラス
に転換。8月まで3カ月連続で前年を上回っている。
今年1~8月の累計では、台湾は約3万3千人で、全体の7割
を超えており、断トツのトップ。もともと、兼六園では台湾客が多いが、
それでも外国人に占める割合は例年5~6割
程度で、今年は際立っている。
一方、昨年、台湾に次いで多かった香港や3位の韓国、
欧米は軒並み、前年割れの状態から抜け出せずにいます。
香港は今年、約2300人と前年同期の3割にとどまり、
1~8月で前年を超えた月はない。
台湾と同じく、小松との定期便航路がある韓国、
中国も3月以降の落ち込みが激しく、米国や欧州各国も
低迷したままだそうです。
台湾の人は、日本と似ているのかも
しれません。
地震も多いですから。
それにしていも台湾の人は日本にやさしいですね。

|

« 東京都の電力 | トップページ | ノーベル賞 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事