« 中国とユーロ | トップページ | トヨタが減産 »

九電の社長

枝野幸男経済産業相は23日、九州電力が
原発の再稼働に道筋をつけるために
真部利応(まなべ・としお)社長を続投させる方針を
示していることについて、「マネジメント(経営態勢)の状況は、
(再稼働の条件として)かなり重要性の高い要素として
判断する」と述べ、真部社長の続投に改めて難色を示した。

神奈川県秦野市内の視察先で、記者団の質問に答えた。

また、九電の経営責任について、「社長の問題ではなく、
マネジメントの中心になっているのは会長だということは、
十分に承知している」と話し、松尾新吾会長の責任にも触れたそうです。

枝野さんが正しいですね。

きちんとトップが責任を取るべきです。
会長は、社長がやめたら自分も辞めさせられると
思っているのでしょうね。

|

« 中国とユーロ | トップページ | トヨタが減産 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事