« 国内回帰のパソコンメーカー | トップページ | イタリアの国債 »

ホンダの円高対策

ホンダは国内工場からの自動車の

輸出を将来は半分に減らす方針を
明らかにしました。
円高で輸出採算が悪化しているため、
海外生産に振り替えるそうです。
輸出が減る分は安価な軽自動車の販売を増やし、
これまで同様の年100万台規模の国内生産は
維持するようです。
力を入れる軽自動車では、スズキやダイハツ工業などの
ライバルがいるが、ホンダは10年度に15万台の
販売を将来は30万台以上にする。
今年12月に軽の新型車を発売し、来年以降も
数車種の新型車を発売するそうです。
ホンダも軽に力をいれているのですね。
海外の景気が落ちていますが国内は、
そうでもないようです。
各社がいろいろな対策を行っています。

|

« 国内回帰のパソコンメーカー | トップページ | イタリアの国債 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事