« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月

大阪都構想

野田佳彦首相は29日の参院財政金融委員会での
発言です。

大阪維新の会が掲げる大阪都構想について
「大阪府知事選、大阪市長選で、民意が示されたので
しっかりと受け止める」と述べ、政府としても具体的に
検討していく考えを示しました。

首相は、地方自治法の改正などが必要な大阪都構想に
ついて「これから大阪の中で議論があって、一定の
プロセスがある。そういうものを注視しながら、
具体的な中身をわれわれも検討していかなければいけない」と強調。

首相の諮問機関である第30次地方制度調査会(地制調)は
年明けから、大都市制度のあり方について本格的な
議論に入る予定です。

野田首相は、まともです。

鳩山、管よりずっとよいです。
民主党も最初から、野田首相にしていたら、かわって
いたのかもしれません。

でも、もうだめですが。

野田首相で、少なくとも民主党の支持者を食い止め
ないといけませんね。

 

|

マツダの燃費技術

マツダの技術もすごいですね。

マツダは、キャパシターを活用した
減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」を
発表しました。

同社によれば、キャパシターを蓄電器に採用する
乗用車用減速エネルギー回生システムは世界初。

2012年から市販車に搭載していくそうです。

通常走行時にはオルタネーターを
空転させることでエンジンの負荷を減らし、
アクセルオフやブレーキを踏んだときなどの
ガソリンを使わない減速時のエネルギーで発電を行う。

ひんぱんに加減速がある実用走行で約10%の
燃費改善が期待できるそうです。

マツダの確か、リッター30キロを走る車を
作っていたと思います。

トヨタのような、華やかさはありませんが、
技術は、すごいですね。

他のメーカーが購入するかもしれません。

|

豚インフルエンザ

米中西部アイオワ州で子ども3人が
新種の豚インフルエンザウイルス(H3N2型)に
感染していたそうです。

いずれも豚と直接接触していないことから、
米疾病対策センター(CDC)では、人から人に
感染した疑いがあるとみている。

3人はいずれも軽症で、すでに回復している。

見つかったウイルスは、2009年に新型インフルエンザとして
世界的に流行し、現在は季節性インフルエンザになった
H1N1型の遺伝子の一部を含んでいたそうです。

怖いですね。

最初や鳥や豚から新型のインフルエンザが
発症します。
人からになると、爆発的に感染が広がります。

季節的にこれから広がらないければよいのですが。

|

日本男子バレー

日本男子バレーが勝てませんね。

バレーボールのワールドカップ(W杯)男子第4日は
24日、大阪市中央体育館などで行われました。

日本はセルビアに2-3で敗れました。

開幕4連敗となりました。

勝ち点は2。セルビアは初勝利(3敗)。
2セットを連取された日本は山本(パナソニック)の
強打などで続く2セットを奪い返した。
しかし、第5セットは相手のパワーに屈した。

イランがポーランドを3-2で、ブラジルはロシアを
3-0で破り、いずれも3勝1敗。
アルゼンチン、イタリアも3勝目を挙げた。

全勝チームはなくなり、6チームが3勝1敗。
ポーランドとブラジルが勝ち点10でトップに並びました。

日本は本当に勝てません。
かなり善戦していると思うのですが、
勝ちにつながりません。

何故でしょうか。
根本的に何かが足りないでしょうね。

頑張ってほしいのですが。

 

|

大学生がデモ

就職活動に追われる大学生らが23日、東京・新宿駅周辺で
「就活ぶっこわせデモ」をおこなったようです。

ツイッターやブログでの呼びかけに応じて集まった
約100人が、「就活長いぞ」「卒論書かせろ」などと
声を上げながら、約1時間練り歩いた。

来春卒業予定の大学生の就職内定率(10月1日時点)は
59.9%で、昨年に次いで低い。

デモを企画した早稲田大5年の小沼克之さん(23)は
「勉強する時間を就活に奪われている。

新卒ばかりが求められるのもおかしい」と話す。

リクルートスーツ姿で参加した都内の私立大3年の
女子学生(21)は、10月から試験対策やマナーの
講座に出席している。

「女性は笑顔でなければダメだと言われ、講座の最後には
大声で『内定取るぞ』と言わされる。就活のおかしさを伝えたかった」
そうです。

確かに、就職が決まれば卒論も書けますが、
決まらないと、勉強どころではありませんね。

いい方法があればよいですが、難しい問題です。

|

消費増税解散

民主党の小沢一郎元代表は22日、自身を支持する

議員グループの会合に出席しました。
野田政権が年末にまとめる消費増税法案について
「強行すれば政権運営が不安定になり、党運営も
厳しくなる。
野党に攻撃の種も与える」として、反対する考えを
重ねて示したそうです。
消費増税法案をめぐり衆院解散・総選挙に
追い込まれる可能性にも触れ、「今、出撃しても
何機戻ってこられるかわからない。特攻状態だ。
みんなが帰って来られないのでは困る」として、
民主党が惨敗するとの見方を明らかにしたそうです。
消費税解散しなくても解散したら民主党は
惨敗するのです。
衆議院の総選挙まで待つかもっと早くなるか
だけです。
消費税の原因ではありませんよ。
自分自身の問題もあると思いますが。

|

MRワゴンが10周年

スズキのMRワゴンが10周年になるようです。

スズキは21日、軽乗用車「MRワゴン」の発売10周年を

記念した特別仕様車を発売しました。
車体前面のグリルをめっき仕上げにして、より明るい
ヘッドライトを装備。
車体はピンクで屋根が黒い2トーンの特別色も選べる。
この色の場合はアルミホイールが灰色の特別色になる。
価格は前輪駆動が税込み129万4650円、4輪駆動が
141万2250円。
2トーン色は4万2千円の追加料金が必要だそうです。
スズキもがんばっていますね。
最近は、ダイハツの新商品の人気が大きかった
ですが、スズキもいろいろ開発しています。
競争があるので、日本の軽自動車は世界で
一番強いですね。

|

アマゾンがスマートーフォン

米アマゾン・ドット・コムが、2012年
第4四半期にスマートフォン(多機能携帯電話)を
発売する可能性があるということです。

米シティグループが17日付のリポートで指摘した。

同リポートによると、アマゾンは現在、携帯電話機の
受託生産で世界最大手の富士康国際(フォックスコン・
インターナショナル)と共同で、スマートフォンの
開発を進めているそうです。

フォックスコンには技術料が支払われ、実際に端末を
製造するのは台湾の鴻海精密工業になるという。

アマゾンは、コンテンツをもっていますからね。
アップルのように、ハードを持てばもっと
強くなります。

日本のメーカーも、コンテンツを発信する方法を
考える必要があります。
ゲーム、漫画、書籍などコンテンツはたくさんありますから。

アマゾンが入ってくるともっと競争が激しく
なります。

|

スズキとVW

スズキは18日、独フォルクスワーゲン(VW)との

資本・業務提携を解除することを決定し、VW側に
通告しました。
VW側が保有するすべてのスズキ株
(議決権ベースで19・89%)の返還も要求、
応じなければ仲裁機関に申し立てるそうです。
これに対してVWは同日、契約解除を拒否し、
引き続きスズキ株を保有するとの声明を発表。
双方の溝が決定的になったことで、日独自動車大手が
仲裁機関で全面的に争うことが確実となったようです。
提携でスズキは完全に失敗だったですね。
でも、やってみて悪ければやめればよいのです。
だめだったら、仲裁機関に訴えればよいです。
外資と提携すればいろいろありますよ。

|

ボージョレ・ヌーボーの解禁

ボージョレ・ヌーボーが解禁されました。

フランス産ワインの新酒ボージョレ・ヌーボーの
販売が17日午前0時、解禁されました。

専門店やスーパーは解禁を祝うイベントを開き、
新酒をふるまったそうです。

毎年、11月の第3木曜日が解禁日。

東京都港区の八芳園では、欧州連合(EU)などが
約60種類を試飲できるイベントを開き、集まった
約600人が午前0時と同時に乾杯で祝った。

今年は色が濃く、繊細でなめらかな味わいという。

6年ぶりに輸入量が増えた昨年に続き、
今年も増える見込みだ。

円高で輸入価格が抑えられる利点があり、
安売り大手ドン・キホーテは解禁直前の16日深夜、
750ミリリットル入りで474円という低価格を発表した。

昨年、500円のワインが、今年は390円だそうです。

円高メリットですね。

この円高を利用して、資源やこういう商品を
どんどん輸入したらいいのですよ。

こういう機会はありませんよ。

|

ユーロ圏のGDP

欧州連合(EU)統計局がユーロ圏17カ国の
2011年7~9月期の域内総生産(GDP)を
15日発表しました。

成長率(速報値)は前期比0.2%増だったようです。
年率換算では前期比0.6%増となり、米国(2.5%増)や
日本(6.0%増)を大きく下回った。

国別(前期比)ではドイツが0.5%増、フランスが0.4%増と
伸びを示した一方、スペインは0.0%。

財政危機のポルトガルは4四半期連続で
マイナスとなる0.4%減だった。
イタリアやギリシャなどの数値は、15日段階では未公表です。

ユーロで、利益が出ているのは、ドイツとフランスだけです。
この2か国で、他の国を支えています。

無理だと思いますよ。
ユーロができたときはよかったですが、今回のように
マイナスの面がでてくるとだめですね。

為替の調整もできません。
ヨーロッパの金融不安が早急に収まる必要があります。

|

北方領土への投資

ロシアのメドベージェフ大統領は12日、
北方領土について「我々は日本の投資を待っている。

日本からの投資は喜ばしいことだ」と述べた。

「日本の専門家たちが島を訪れ、一緒に開発するのは
正常なことだ」とも強調し、島の共同開発を呼びかけた。

米ハワイ・ホノルルでのAPEC関連行事のCEO
(最高経営責任者)サミットで発言した。「政治より経済が
先を行く」とも述べ、領土問題の解決よりも経済協力の
進展を優先する考えを鮮明にしたそうです。

北方領土にいる人は、貧しいですからね。
日本がいろいろな開発をおこなってお金を
貰えれば喜びます。

でも、北方領土は、日本のものです。
戦争が終わってからロシアが占領したのです。

シベリアにも多くの日本人が抑留されました。
そして亡くなりました。

日本人は絶対に忘れてはいけません。

北方領土は日本に返還してから投資開発
すべきです。
ロシアが北方領土に投資するお金なんて
ありませんから、このままにしておいたら
いいのです。

|

Google Music

アメリカのグーグルがまた新しいサービスを発表するようです。

Googleは米国時間11月11日、ロサンゼルスで
16日に開催する報道陣向けイベントの招待状を
発送しました。

同社はこのイベントで、音楽ダウンロードサービスや
ソーシャルネットワーク機能を発表するそうです。

Googleは新サービス向けにUniversal Music Groupと
ライセンス契約を締結したが、ソニー・ミュージック
エンタテインメントやWarner Music Groupとは
契約を交わしていないということです。

EMIがこれに加わるかどうかは明らかではない。
ソニー、Warnerとの話し合いは継続中であると
情報筋らは述べているそうです。

アップルの音楽サービスと同じでしょうかね。
グーグルもいろいろなサービスをおこないます。

競争がどんどん激しくなります。

|

TPP問題

野田総理は、TPPに参加することを表明しました。

民主党の反対の議員は、参加で
なくてよかったと言っています。

馬鹿ですね。
茶番ですよ。

国民はみんなわかっています。

経済効果が、2.7兆円あると言われています。
でも、10年間です。

新聞もテレビもTPPに賛成と言っています。

何故でしょうかね。

これから、いろいろな分野で外資が入って
きます。

農業、医療だけではありません。
今までの既得権益はなくなりますよ。

テレビだって、外資が入ってきます。
もっと、慎重にやればよいと思います。

とりあえず参加して悪かったらやめればよいと
いうのは、甘いですよ。
それは、日本人の発想です。

|

由紀さおりの歌が欧米で大ヒット

歌手由紀さおりさんの新作アルバムが米、
カナダ、ギリシャなどでチャートの最上位に
躍り出て、欧米メディアを驚かせているそうです。

「夜明けのスキャット」など自他の往年のヒット曲を
日本語で歌って、欧米でこれほど売れるのは異例中の異例だ。

米オレゴン州ポートランドが拠点のジャズオーケストラ
「ピンク・マルティーニ」と共演したアルバム「1969」。

由紀さんの「夜明けのスキャット」が大ヒットした
1969年前後の曲を拾い出してカバーした。

いしだあゆみさんの「ブルー・ライト・ヨコハマ」、
佐良直美さんの「いいじゃないの幸せならば」など
全12曲のうち11曲を日本語で歌っている。

米国では今月初めから販売され、ネット音楽販売
iTunes(アイチューンズ)ジャズ部門で堂々の1位に。

カナダではiTunes外国音楽部門で1位、
ギリシャでも総合アルバム部門で4位に入ったそうです。

すごいですね。

ユーチューブにもありますね。
なつかしいですね。

昔は、いい歌が多かったですね。

|

原発事故の影響

東京電力福島第一原発事故で住民が
避難している福島県双葉郡8町村の
全世帯を対象にアンケートが実施されました。

回答者の4人に1人が「元の居住地に戻る気はない」と答えた。
30代前半までの回答では5割を超え、地域の先細りが心配される。

福島大学の災害復興研究所が町村の協力を得て
8月から今月まで実施した。
避難先にも送られる広報誌に同封して2万8184世帯に
調査票を送り、48%にあたる1万3463世帯から回答を得た。

元の居住地がどのような状態になれば戻るか、との問いには
「他の人々がある程度戻ったら」が27.8%、
「除染が実施されれば」が22.7%。

一方「戻る気はない」が26.9%で、特に34歳までの
回答者では52.3%を占めた。

原発が立地する大熊町、双葉町と隣の富岡町で
「戻る気はない」が3割を超えました。

原子力発電は大事ですが、事故の影響が
こんなにあると問題ですね。
これから、原子力をどのようにやるのか
決める必要があります。

原発の町や市は、人がいなくなります。
過疎化がもっとひどくなります。

|

アマゾンの電子書籍

インターネット通販最大手のアマゾンが、
準備を進める電子書籍サービス「キンドル」の
日本語版について出版社側に示した契約書案の
内容です。

販売価格を最終的に決める権限がアマゾン側、
つまり流通側にあることがポイントで、
これまで再販制度の下、出版側が価格を決めてきた
日本の出版業界のあり方とぶつかる部分も多い。

日本では、電子書籍も含めて書籍の価格は
出版側が決めてきた。

電子書籍には再販制度は適用されないとみられ、
アマゾンの提案のように流通側が価格を決めることも
可能だ。ただ、出版社の抵抗感は根強い。

アマゾンは契約を結ぶ期限を当初、10月末としていたが、
各社との交渉は順調とはいえない。アマゾンは100を
超える出版社と個別交渉を続け、その過程で、契約の内容は
出版社ごとに変化している模様のようです。

アマゾンの取り分はかなり大きいようです。

日本の出版社が集まって電子書籍をやるべきです。
やっぱり、日本で1つになる必要があります。

本の販売でも、アマゾンのようなシステムを
作れなかったのが失敗です。
アマゾンは、中古の本の販売もできますからね。
集客という意味では、すごいです。

|

中国人のアメリカへの留学生

米紙ニューヨーク・タイムズの記事です。

増え続ける中国人の米国留学はここ3年で2倍に増加し、
4万人を超えているそうです。

多くの英語特別クラスをもつ外国人留学生歓迎の
公立大学も困惑を隠せない。

中国人留学生のほとんどは、急速な経済成長により
発生した中産階級の出身で学費全額を負担して
くれることから、財政の厳しかった米国の大学に
とっては天の恵みだったそうです。

だが、一見うまくいっているように見える大学と
中国人留学生の関係だが、詳細にみると難しい問題がある。

もともと、米国の大学は多角化と国際化を進める上で
中国人留学生を争うように誘い、中国人留学生も中国での
激烈な受験競争よりは仲介を経て米国留学する方を選んだ。

うまくいっていたはずだったが、中国人留学生の申請の
不備・改ざんが明らかになっても、中国市場に不案内な
米国の大学は玉石混交の申請業者の見分けができない。

米国での授業が始まると、英語力によっては
授業についていけない。
もともと優秀な学生でも能力を発揮できないことが多い。
教育現場での対応も難しい。
これには遅まきながら米国の大学でも徐々に
新しい対応策を考え始めているそうです。

日本に来ていた留学生が、震災でアメリカに
行っているのもあるでしょうね。

そして、昔は本当に優秀な学生が留学して
いましたが、生活レベルがあがって、バカな学生も
アメリカに行けるようになったと思います。

昔の日本ですね。
違うのは、人口がけた違いに多いことだと
思いますので影響が大きいと思います。

|

スマートフォンの普及

スマートフォンが、急速に普及しているようです。

MM総研は2011年10月27日、2011年度上期(2011年4月~9月)の
国内携帯電話端末の出荷状況の調査結果を発表しました。

総出荷台数は2028万台で、そのうちスマートフォンが 
1004万台と約5割を占める結果となった。 

スマートフォン 需要が市場を牽引したと分析しています。
そのスマートフォンは、半期で1000万台を超える 
1004万台の出荷を記録した。
これは前年同期の4.5倍の出荷台数となり、スマートフォンの 
急速な普及を裏付ける数値となった。 

スマートフォンのOS別で見ると、Androidが799万台で全体の79.6%を占めた。

アップルの iOSは18.7%と、その存在感に比べて出荷台数シェアは

小さい結果となった。スマートフォンの 

メーカー別シェアを見ると、1位がシャープ(22.7%)、
2位がソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(22.2%)、

3位がアップル(18.7%)で、上位3社で6割を超えるシェアを持つ。 
4位は富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(9.8%)、

5位はサムスン電子(8.3%)、
6位にNECカシオモバイルコミュニケーションズ(8.1%)の順となったそうです。

サムスンが世界一だと言っていましたが、
日本では強くないのですね。

でも、スマートフォンの人気は続きますね。

|

仙台のキリンビールの初出荷

キリンビール仙台工場(仙台市宮城野区)で2日、
東日本大震災の地震と津波の被害から復旧して
初めて造ったビールが出荷されました。

復興需要が続く東北で「地元産ビール」の人気に期待が
集まっています。

午後2時半、「一番搾り とれたてホップ生ビール」を
載せたトラック5台が工場を出発。見送る従業員らは涙ぐんでいた。

岩手県遠野市で今年の夏に収穫したホップを使い、
仙台工場からは東北6県と北海道の一部に出荷する。

放射線への不安から製品が敬遠されないよう、
原材料、製品それぞれの段階で放射線検査を
徹底しているようです。

キリンは東北の工場が被災しましたからね。

やっと復興して、初出荷ですか。
良かったですね。

でも、まだ、黒ビールは、製造がありません。
これも早く、製造開始してほしいですね。

でも、よかったです。

|

中国の造船

中国政府の国家発展改革委員会が最新の

船舶工業経済動向を発表しました。

9月に中国の造船各社が新規受注した船は

94万積載トンにとどまり、2009年6月以来、27カ月ぶり

の低水準だった。
供給過剰が原因で、中国の造船1526社の16%に
当たる249社が赤字経営という。 
来年上半期には一部の企業は操業継続が
困難になると予測した。 

中国では海運が好況だった08年までに安値で
大量の造船を受注。
韓国を抜き世界一の造船大国になる原動力となった。
当時の発注が現在、完成期を迎えており、
9月の完工量は前年比67.2%増 
の786万積載トンだった。

1526社もあるのですか。
すごい数です。
249社が赤字といっても20%くらいなのは
少ないですね。

こんなに多いと日本も価格で負けますね。

中国もこれからは、大変です。
価格競争になったら最後に残るのは
数社になってきますから。

|

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »