« 仙台のキリンビールの初出荷 | トップページ | 中国人のアメリカへの留学生 »

スマートフォンの普及

スマートフォンが、急速に普及しているようです。

MM総研は2011年10月27日、2011年度上期(2011年4月~9月)の
国内携帯電話端末の出荷状況の調査結果を発表しました。

総出荷台数は2028万台で、そのうちスマートフォンが 
1004万台と約5割を占める結果となった。 

スマートフォン 需要が市場を牽引したと分析しています。
そのスマートフォンは、半期で1000万台を超える 
1004万台の出荷を記録した。
これは前年同期の4.5倍の出荷台数となり、スマートフォンの 
急速な普及を裏付ける数値となった。 

スマートフォンのOS別で見ると、Androidが799万台で全体の79.6%を占めた。

アップルの iOSは18.7%と、その存在感に比べて出荷台数シェアは

小さい結果となった。スマートフォンの 

メーカー別シェアを見ると、1位がシャープ(22.7%)、
2位がソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ(22.2%)、

3位がアップル(18.7%)で、上位3社で6割を超えるシェアを持つ。 
4位は富士通東芝モバイルコミュニケーションズ(9.8%)、

5位はサムスン電子(8.3%)、
6位にNECカシオモバイルコミュニケーションズ(8.1%)の順となったそうです。

サムスンが世界一だと言っていましたが、
日本では強くないのですね。

でも、スマートフォンの人気は続きますね。

|

« 仙台のキリンビールの初出荷 | トップページ | 中国人のアメリカへの留学生 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事