« 中国人のアメリカへの留学生 | トップページ | 原発事故の影響 »

アマゾンの電子書籍

インターネット通販最大手のアマゾンが、
準備を進める電子書籍サービス「キンドル」の
日本語版について出版社側に示した契約書案の
内容です。

販売価格を最終的に決める権限がアマゾン側、
つまり流通側にあることがポイントで、
これまで再販制度の下、出版側が価格を決めてきた
日本の出版業界のあり方とぶつかる部分も多い。

日本では、電子書籍も含めて書籍の価格は
出版側が決めてきた。

電子書籍には再販制度は適用されないとみられ、
アマゾンの提案のように流通側が価格を決めることも
可能だ。ただ、出版社の抵抗感は根強い。

アマゾンは契約を結ぶ期限を当初、10月末としていたが、
各社との交渉は順調とはいえない。アマゾンは100を
超える出版社と個別交渉を続け、その過程で、契約の内容は
出版社ごとに変化している模様のようです。

アマゾンの取り分はかなり大きいようです。

日本の出版社が集まって電子書籍をやるべきです。
やっぱり、日本で1つになる必要があります。

本の販売でも、アマゾンのようなシステムを
作れなかったのが失敗です。
アマゾンは、中古の本の販売もできますからね。
集客という意味では、すごいです。

|

« 中国人のアメリカへの留学生 | トップページ | 原発事故の影響 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事