« 羽生名人がチェスで引き分け | トップページ | 仙台のキリンビールの初出荷 »

中国の造船

中国政府の国家発展改革委員会が最新の

船舶工業経済動向を発表しました。

9月に中国の造船各社が新規受注した船は

94万積載トンにとどまり、2009年6月以来、27カ月ぶり

の低水準だった。
供給過剰が原因で、中国の造船1526社の16%に
当たる249社が赤字経営という。 
来年上半期には一部の企業は操業継続が
困難になると予測した。 

中国では海運が好況だった08年までに安値で
大量の造船を受注。
韓国を抜き世界一の造船大国になる原動力となった。
当時の発注が現在、完成期を迎えており、
9月の完工量は前年比67.2%増 
の786万積載トンだった。

1526社もあるのですか。
すごい数です。
249社が赤字といっても20%くらいなのは
少ないですね。

こんなに多いと日本も価格で負けますね。

中国もこれからは、大変です。
価格競争になったら最後に残るのは
数社になってきますから。

|

« 羽生名人がチェスで引き分け | トップページ | 仙台のキリンビールの初出荷 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事