« アマゾンの電子書籍 | トップページ | 由紀さおりの歌が欧米で大ヒット »

原発事故の影響

東京電力福島第一原発事故で住民が
避難している福島県双葉郡8町村の
全世帯を対象にアンケートが実施されました。

回答者の4人に1人が「元の居住地に戻る気はない」と答えた。
30代前半までの回答では5割を超え、地域の先細りが心配される。

福島大学の災害復興研究所が町村の協力を得て
8月から今月まで実施した。
避難先にも送られる広報誌に同封して2万8184世帯に
調査票を送り、48%にあたる1万3463世帯から回答を得た。

元の居住地がどのような状態になれば戻るか、との問いには
「他の人々がある程度戻ったら」が27.8%、
「除染が実施されれば」が22.7%。

一方「戻る気はない」が26.9%で、特に34歳までの
回答者では52.3%を占めた。

原発が立地する大熊町、双葉町と隣の富岡町で
「戻る気はない」が3割を超えました。

原子力発電は大事ですが、事故の影響が
こんなにあると問題ですね。
これから、原子力をどのようにやるのか
決める必要があります。

原発の町や市は、人がいなくなります。
過疎化がもっとひどくなります。

|

« アマゾンの電子書籍 | トップページ | 由紀さおりの歌が欧米で大ヒット »

ニュース」カテゴリの記事