« 豚インフルエンザ | トップページ | 大阪都構想 »

マツダの燃費技術

マツダの技術もすごいですね。

マツダは、キャパシターを活用した
減速エネルギー回生システム「i-ELOOP(アイ・イーループ)」を
発表しました。

同社によれば、キャパシターを蓄電器に採用する
乗用車用減速エネルギー回生システムは世界初。

2012年から市販車に搭載していくそうです。

通常走行時にはオルタネーターを
空転させることでエンジンの負荷を減らし、
アクセルオフやブレーキを踏んだときなどの
ガソリンを使わない減速時のエネルギーで発電を行う。

ひんぱんに加減速がある実用走行で約10%の
燃費改善が期待できるそうです。

マツダの確か、リッター30キロを走る車を
作っていたと思います。

トヨタのような、華やかさはありませんが、
技術は、すごいですね。

他のメーカーが購入するかもしれません。

|

« 豚インフルエンザ | トップページ | 大阪都構想 »

ニュース」カテゴリの記事