« 大阪都構想 | トップページ | 就職サイト »

Office 365

マイクロソフトのOffice 365が小規模企業に

人気になっているようです。
米国Microsoftは11月29日、同社の組織向け
クラウド・コラボレーションおよびコミュニケーション・
スイート「Office 365」が、先行製品である
「Business Productivity Online Suite(BPOS)」に
比べ8倍ものペースで売れているそうです。
特にカスタマー・ベースの90%以上を占める
小規模企業から人気を集めていると発表した。

同社はOffice 365をアルゼンチン、台湾、
南アフリカなど22の新たなマーケットへ投入し、
30以上の製品強化機能を追加している。
現在のペースでいけば、Office 365はMicrosoft
史上最速の成長を遂げる製品になる見込みだという。

2011年6月にリリースされたOffice 365は、
Microsoftのデータセンターでホスティングされる
オンライン版の「Exchange」「SharePoint」
「Office」「Lync」を含み、利用料金は1ユーザー
当たりの月額で支払うそうです。
パッケージ・プランは複数あり、電子メールのみの
ものは1ユーザー当たり月額4ドル、
オンプレミス仕様のLync Serverおよび
Office 2010 Professional Plusが使える
フル機能スイート版は1ユーザー当たり月額27ドル、
従業員25名以下の企業向けバージョンは
1ユーザー当たり月額6ドルとなっているそうです。
そんなに人気があるのですか。
使ってみる価値があるのかも知れません。

|

« 大阪都構想 | トップページ | 就職サイト »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事