« みんなの党 | トップページ | 視聴率の3冠 »

結婚適齢期は

2010年の国勢調査です。

衝撃的な結果が出ました。

「35歳過ぎて結婚できた男性はわずか3%」。
ネット上では「身を持って感じている俺…」
「昔ほど結婚生活にメリットがなくなっているんだから当然」など、
さまざまな意見が飛び交っているが、なぜこうも「結婚できない
(しない)大人」が増えてしまったのか。
2010年の国勢調査によると、2005年に35~39歳だった
男性の未婚率は30.9%、5年後、40~44歳になった 
ときの未婚率は27.9%で、未婚男性の9.7%しか結婚に
至らなかったそうです。
5年間で「3%」でしかないということになる。 

女性も同様で、05年に35~39歳だった人の5年後の結婚率は、
未婚女性の10.8%、2%しかゴールインできなかったそうです。

40歳を超えると、状況はますます悪化します。
男性は全体の0.4%、女性は0.5%で、45歳以上では、
男女とも 全体の0.1%しか配偶者を見つけられなかった。
晩婚化というより、35歳を過ぎてからの結婚は、
男女ともに不可能に近いことが分かります。

|

« みんなの党 | トップページ | 視聴率の3冠 »

ニュース」カテゴリの記事