« 若者の購買意欲は | トップページ | 独立行政法人 »

大阪市バスの退職希望

大阪市交通局で市バスの運行業務に

携わる職員のうち、 来年3月での
早期勧奨退職希望者が、前年同期比15倍の 
121人に急増しているそうです。
橋下徹市長は、運転手の給与を
民間並みに抑える意向を表明しており、 
給与カット前に退職を早めた職員が多いとみられます。
 
うち市バスの運転手は80人に上り、 
交通局は「運転手の急減で勤務が回らない」として、 
勤務を続ける運転手に月1、2回の休日出勤を
求めることを決めたそうです。 

市は早期退職を促すため、勤続25年以上か
50歳以上であれば、 3月末と9月末の年2回に限り、
退職金を加算する制度を2007年度に 導入。
 
交通局ではさらに、今年度と来年度に限り早期退職の
対象年齢を45歳以上に拡大。 
退職金の加算率も、通常の20%から30%(50歳で退職した場合)に 
増やすなどの特典を設けました。
給料が下がると、下がった給料で退職金を
支払います。
受け取れる額が減ってきます。
それで早期退職するのですね。
でも、次の職はありませんから、それからをどうするかですね。
そこが一番問題です。

|

« 若者の購買意欲は | トップページ | 独立行政法人 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事