« 野田内閣の支持率 | トップページ | 首相の訪中延期 »

中国経済

中国の経済成長率が緩やかになるにつれ、

崩壊論者が舞台の中心を占めるようになってきたようです。
専門家は、中国経済が直面する問題は日増しに
大きくなっていると指摘しているようです。
中国経済全体の5分の1を占める
不動産の影響は重大です。
不動産価格はここ数年で高騰し、上海のマンションは
約93平方メートルで33万5000ドル(約2600万円)。
これは市民の平均年収の45倍にあたるそうです。

ところが、今年10月の不動産価格は2カ月続けて下降。
資金不足となった不動産業者は売りに走り、35都市中、
実に29都市の不動産価格が1年前より大きく減少した。
中でも北京を含む6都市は前年比50%以上の下落となった。
中国では、不動産は投機ですからね。
日本では、住居として購入しますが、中国では
転売します。
投機目的です。
これでは、バブルになります。
これからの中国を注視する必要がありそうです。

|

« 野田内閣の支持率 | トップページ | 首相の訪中延期 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事